呼吸代謝測定システム

エアロモニタAE-310Sの特徴
運動負荷量の決定のために
心臓リハビリテーション・呼吸リハビリテーション時の運動負荷量は、運動負荷量は、薬と同じで適正な量を処方する必要があります。多すぎては危険、少なければ十分な効果が得られません。 心肺運動負荷試験を行うことにより各個人に合った運動負荷量を求めることができます。


栄養所要量の決定のために
予測式はあくまで平均値。各個人に適正な所要量を求める必要があります。 呼気ガス分析による間接熱量測定法により実測で求めることができます。


最大酸素摂取量の計測のために
運動生理学分野での最大負荷までの代謝測定が可能です。

肺運動負荷モニタリングシステム

呼吸の流量とガス濃度リアルタイムで分析し、呼吸代謝に関する指標を求め、運動や栄養の 処方の補助として使用。より正確にさらに進化したシステムが測定を極めます。 AE-310S では、最新のガスメータ応用技術により質量分析器に匹敵する、レスポンスタイムと微小サンプル流量を実現しました。ガスメータ回路には、新開発のアクティブ除湿器及び、高精度流量安定化装置が組み込まれています。これらの装置を用いずに、数値補償で代用する簡便法では、完全な補償は不可能であるため、精度が犠牲になってしまいます。このためAE-310S ではこれらの装置を、省略することなく搭載し高い精度を実現しています。1呼吸ごとのデータを測定できるブレス・バイ・ブレス法、ダグラスバック法からの置換や検定にも便利な呼気ガス採集法のどちらの方法でも測定が可能です。


ブレス・バイ・ブレス法

AE-310 Sによる標準的な使用法で呼吸毎に得られるガス濃度変化をガスメータの特性による応答時間の遅れや、波形の歪みをマイクロコンピュータによって補正し、高精度フローセンサの信号に基づいて O2、 CO2 を計算します。この方法によると、吸入気ガスがランダムに変化しても測定可能という特徴があります。


呼気ガス採集法

一方向弁つきのマスクにより、呼気だけを蛇管内に導いて、一定時間内(任意設定可能)の O2、 CO2を計算します。この方法はブレスバイブレス法の特長は生かせませんが、ダグラスバック法とは極めて良い相関を示すため、従来ダグラスバック法を使用されている場合は、そのままの方法で置換できます。※呼気ガス採集法用のマスク・蛇管はオプションです。