リハビリ練習用として開発されたトレッドミル

トレッドミル「AR-100」の特徴
安全ストップスイッチ
手すり部分に、スイッチを手軽にストップできるよう設置しました。ワンタッチでゆるやかにストップします。
落下防止機構
歩行者が後方に下がった場合、瞬時に走行ベルトがストップします。
理想的なリハビリ環境を目指して
段差の小さな低床設計、ベルト走行音や機械ノイズなども低減して、快適なリハビリ環境をつくります。

走行者の状況、練習プログラムに応じて、傾斜角度や走行スピードが変更できる

リハビリのための歩行練習や、ランニングによる運動負荷測定は、フィットネスなども含めて、ごく自然に走行できることが大切です。違和感のないソフトなデザイン、万一の場合も考慮した安全性、そして安定した走行性と低騒音…。さらに運動プログラミングや測定分析など、より高度なフィールドへの広がりを持つトレッドミルです。

※最速26km/hの負荷試験用AR-200もあります。.