細心の設計で、高度な操作性と安全性を実現

スーパーカイネ「SK-10W」の特徴
干渉電流型低周波治療器
先進の機能はすぐれたユーザビリティによってその効果を発揮します。一方、患者様の体に直接触れる医療機器には幾重もの安全設計が必要です。スーパーカイネSK-10WDXには、先行機種SK-9で好評をいただいた操作性や安全性に関する諸機能を引き続き搭載。また、それぞれの医療機関様で独自の治療が行えるよう各種のオプションも用意しました。
スリムフィット導子
瘢痕がつきにくい軽量設計
徹底した軽量化により、従来の導子の約半分(メーカ比)の軽さを実現。吸着に必要な吸引力を低く抑えることができ、患者様の肌に吸引による瘢痕がつきにくくなりました。
衣服内に装着しやすい薄型設計
導子中央部の突起をなくし、サイド面にコードを接続することで、厚みを従来の約半分にしました。これによって背中や肩など、衣服内への装着がしやすくなりました。

完全独立6チャンネルにより治療効率がUP

6つの波形生成回路でさまざまな部位、症状に!独立した6台の低騒音ポンプで安定した吸引を持続!

本体から離れた場所で2~4チャンネルを操作

6チャンネルすべてを効率良く稼動できるよう、本体と離れた場所でも操作できるスタンドリモコンをオプションで用意しました。これによって3台~6台のベッドがカバーできます。また、ベッドの近くで操作できるため患者様とスタッフ様のコミュニケーションをよりスムーズにします。