牽引姿勢にこだわる3つの進化

スパートラック「ST-2L」の特徴
理想の牽引角度を実現
オットマンを自動でスライドさせることで、理想の牽引角度を実現しました。身長差のある患者さんでも一定の姿勢で治療できます。またオットマンはお好みに応じてワンタッチで伸び縮みさせることも可能です。
安定した姿勢を保つ足部ホールド機能
ソフトな空気の力で足を包み込み、ホールド感をさらにサポートします。圧力センサによる制御で、足の太さに関係なく一定の圧力でホールドでき、ホールド強度は3段階で調節可能。牽引動作と連動し、リラクゼーション効果も期待できます。
ホールド感を重視した腰部マット
腰部マットは、骨盤を包むようなイメージの深めの形状を採用しました。また、腰部マットにヒータを内蔵し、快適に治療できます。

椅子にすわった姿勢で、そのまま牽引

腰痛の患者さんが仰臥位の姿勢をとるのはつらい・・・もっと簡単に装具類のセッティングが出来ないかしら・・・そんなさまざまな現場の声を反映したのが、椅子にすわった姿勢のままで、牽引治療ができるスーパートラック「ST-2L」 理想的な牽引治療の姿勢を自動的にセットし、効果的な治療を実現します。さらに治療開始までのセッティングは、椅子にすわり腰ベルトを装着するだけの2工程です。患者さんのために、そしてスタッフのために、人にやさしい高機能を実現しました。

腰椎牽引では、治療に際しては腰臀部の筋をリラックスさせ、股関節と膝関節とを十分に屈曲させる前屈位姿勢で牽引することが望ましいとされています。スーパートラック「ST-2L」では、治療に適した姿勢が容易に得られる座部形状を採用し、牽引療法を効果的に行えるよう工夫しました。.